お互い初めはバーチャルな出会い!容姿は2の次、心の清らかさが第一印象!

現実の柵から解放されて出会いを探せる出会い系サイトは、大変人気があります。
現実では職場・学校などで基本的に出会いは拘束され、時に身の回りの人間関係が邪魔になって告白すらできない事もあります。
例えば、あなたが好きなAという女性は、あなたの友達Bも好きだったとしましょう。
好きという度合いはファン程度であったのであれば、お互いに告白すらしなくて「縁があったら、付き合いたいな」だったり、セックス対象になるだけだったりします。
しかし、本気な恋であったならば、一方が諦めない限り争いに発展してしまう事はよくあります。
男性同士のグループ内で一人、モテモテの女性が配置されると男性同士がライバルになるように、現実での恋愛は意外とハードだったりするのです。
友人との喧嘩は誰でも御免蒙りますが、恋愛を諦めるのも寂しいですから、その葛藤が辛いですよね。
一方で出会い系サイトの出会いでは、ライバルは存在するものの赤の他人です。
なので、ライバルの事など一切気にする必要もなく、積極的にアプローチする事が可能です。
現実では友人の顔色を伺い本気で落としに掛かる事ができなかった人でも、出会い系サイトならば自分の魅力を思う存分にアピールしていも良いです。
ライバルは一切あなたと関わる事もない人ですし、あなたに対して攻撃的な態度を取る事も不可能です。
なぜならば、恋の戦場は出会い系サイトという、インターネット上の空間であり、現実の世界ではないからですよ。
今まで、恥ずかしくて抑えていたモテテクニックを振り撒いて見ましょう!
すると、新しい自分が見えてくるかもしれませんからね。
出会い系サイトは自分を知るための、ツールだとも言えます。
出会い系サイトに対しての誤解の1つに、有料サイト程出会える!
という解釈があるようです。
インターネットゲームが人気のこの時代では、お金の力がすべてだと解釈しているのかもしれませんね。
インターネットゲームの課金はそれイコール強さに直結しますから、出会い系サイトを一種のゲームだと考えればその理論に達してます。
しかし、出会い系サイトで相手にするのは人間であり、攻略するのは女性であります。
お金を沢山持っている事をアピールすれば、確かに女性も近づいてくるでしょう。
しかし、ライバルが存在する出会い系サイトでは、お金で勝負するのは難しいですよね。
大雑把に解釈すると大富豪の人と貯金の勝負をしても勝てる訳ありません。
インターネットゲームは、その課金額もそこまで多額の額になりません。
しかし、お金で女性を釣ろうと考える場合、女性の欲求は半端内ないですから、切がないです。
つまり、出会い系サイトで重要になってくるのは、お金もありますが女性を侍らせるテクニックだと言えますでしょうね。
ルックスが決めてなの?
と思う人もいるかもしれません。
しかし、出会い系サイトは内面から自分を見てくれる、誰でも公平にスタートラインに立てるサイトですからね。
ルックスに自信が無い人でもチャンスは存在しておりますよ!

出会い系サイトのもてるコツとは「お姫様を気遣う紳士」であること

出会い系サイトでは男性が多数勢なので、基本的に女性はお姫様状態です。
男性の皆さんはお姫様に気に入られるために、細かなところには気を使い出会いに結び付けなければなりません。
相手の女性のルックスが気になる人もいますが、顔の見えないのはお互い様でありますし、匿名性では男女という区別から始まりコミュニケーションがまずは始まります。
相手の本当のルックスが気になりすぎて、扱い方に躊躇してしまう人は出会い系サイトに向いていないかもしれません。
どんなに自分好みの女性でなくても、女性である以上その相手はお姫様で、男性はそれに尽くす王子様になる必要があるのです。
お姫様は沢山の男性からのメールを受け取り、その中から自分の好みの相手を選びます。
出会う相手に困らないのですから、お姫様が気に食わないメールをしょうものならば即時アウトです。
男性の皆様はお姫様である女性ユーザーに好かれる事を、全面的に努力するようにして下さいね。
出会い系サイトで女性に送信するメールは、一切の妥協を許しません。
妥協とは、コピペメールを使って量産する事も1つに該当します。
数を打てば何通かのメールが返ってくる事も事実ですが、それではいずれサクラの餌食になってしまうかもしれません。
出会い系サイトにはサクラやライバル、犯罪行為を考えているユーザーを掻い潜らなければなりません。
実在する女性で本気で出会いを探している女性は、意外と貴重な存在だったりしますからね。
量産型のメールよりも心を込めたメールを作成して、返信を待った方が良いでしょう。
返信が来た際にも、メールを返す際にはできる限り早過ぎなく、遅すぎないのが基本です。
早すぎるとずっと出会い系サイトでの返信を待っている他にする事がない暇な人だと思われるかもしれません。
やはり、女性は忙しい男性に魅力を感じるのだと考えられます。
頑張っている男性が好きな女性は少なくないですからね。
暇な男性だと解釈されないためにも、返信メールを確認してもあえて間をおく事をお勧めします。
遅すぎれば女性の方も心が折れて、他の男性へ好奇心が移ってしまいます。
待ちすぎた女性側の解釈は、自分に興味がないのかな・・・と考えて、諦めてしまうからでありますよ。
早すぎず遅すぎずが今後の関係に大きく左右しますからね。
返事をする間隔には十分な配慮をお願いします。
女性への配慮を怠らないのが出会いの秘訣である事を知れましたよね?
男性に比べて女性は出会いに対して積極的ではないですから、女性の気分が害さないように気をつけて下さい。
出会い系サイトの女性ユーザーは皆お姫様ですよ。

爽やかさ・真面目さ・男らしさ、紳士的な印象が女性の心を掴みます

相手を始めて見て感じた事、それが第一印象になる訳ですが・・・不思議な事に、第一印象はかなりの確率で的中します。
私の経験でも、この人は○○っぽいな・・・と無意識の内に感じた事が、意外と当たっていて、人を見る際に大体は第一印象で決まるのだろうな・・・と私は思いました。
第一印象を磨く事は、社会的な評価を上げる事と人間関係の充実に繋がっていくと考えると、軽視してはいけないと言えますね。
第一印象だけを磨き、中身が空っぽではいけませんが、第一印象を疎かにする人は、中身にも問題あると言えますから、注意して下さい。
出会い系サイトにおいての、第一印象はプロフィール欄がその1つです。
プロフィール欄の作成が面倒だと思い、適当に作っている人も少なくありません。
適当に作って、では出会いを得られますか?
という疑問の答えを考えて見ましょう。
おそらく、誠意のないプロフィール欄は社会で言う無愛想でマナーを知らない人に該当します。
プロフィール欄の閲覧は、相手にとってはあなたの顔を知る時と同じくらいの重要な瞬間になります。
なのに、手抜きばっかりで気持ちが伝わってこない・・誤字ばかりで読みづらい・・・となると、殆どの場合相手にされないでしょう。
誠意を示す事は人間関係にいおいて基本でありますからね。
適当にならずに、本気になって出会いを見つけてみてください。
先ほど、誤字という注意点を上げましたが、誤字は仕方のない事だと解釈する人もいます。
誤字は意図してやった訳じゃないから大丈夫・・という考えの下にです。
出会い系サイトを仕事に例えると誤字のマナーの悪さに気が付くかと思います。
仕事において「間違えました」は基本的に、非があるのは自分でありまわりのせいではありません。
誰にも間違いはあるから!
と開き直りとも取れる考えは、あってはならない訳ですね。
出会い系サイトは仕事ではないにしても、利用者の殆どは社会人かと思われます。
社会心は社会で生きて行くためのマナーを、殆どの時間厳守して暮らしています。
なので、反射的に誤字を直さないユーザーに対して、マイナスなイメージを持ってしまうと言えますでしょう。
プロフィール欄の作成は焦る必要なんてありませんから、何回でも読み直して確認を怠らないで下さいね。
出会い系サイトを仕事に例えて説明しましたが、堅くなるのもいけませんね。
楽しくなければ一緒に時間を共有したいと誰も思いませんから、守るべきマナーは厳守して後は自由に楽しめば良いかと私は思いますよ。

日本人の美意識を忘れずに!マナーよく相手に気遣う姿勢を

インターネットの誹謗中傷などの、非マナーな行為が問題になっていたりします。
顔の見えない、匿名性を利用して言いたい事を述べ、相手を傷つける事が当然であるという解釈は見られます。
ツンデレという表現もある通り、愛を持ってしての中傷は確かに存在しておりますが、過剰になりすぎると本当に相手の心を深く抉る結果になりますから注意して下さい。
相手を傷つける事の何がいけないのか?
という考えを持っている人はいませんよね。
世の中嫌いな人や苦手な人は存在しますが、そのはけ口をネットから見つけてはなりません。
気に食わない相手に対しては、自分なりに折り合いをつけて対処する事が大切であり、子供のような行為で発散してはならないでしょう。
世の中は理不尽に成り立っていますが、インターネットの誹謗中傷は、みっともない行為でありますよ。
特に出会いを意識した出会い系サイトでは、某掲示板のようなノリで対応すると駄目だったりします。
相手の事を知ったような口ぶり、難癖つけては相手を認めない、どのような事柄にも悪い方面ばかりを取り上げて誹謗中傷する。
利用するサイト内が、そんな雰囲気ならば問題ないのかもしれません。
使っている側もそれを熟知した上で、利用している訳であるからね。
しかし、場を弁えなければ人に嫌われてしまいます。
出会い系サイトを利用するのは、おそらく恋人探しが目的かと思いますが、基本的にツンデレなノリでの対応は止めておいた方が良いでしょう。
相手への気遣いを忘れずに、自分が言われて嫌な事は相手にもしない!
それが出会いを得る秘訣ですよ。
人が誰かに対して攻撃的になるのは、劣等感を抱えているからだと私は思います。
弱い犬ほど良く吼える!
というように、劣っている部分が協調されると、対象者を攻撃せずにはいられないのが人間です。
しかし、自分の弱さを受け入れたのであれば、強い人間になる事も可能でしょう。
出会い系サイトのプロフィール欄には、わざわざ自分の悩みや弱い部分を見せる必要はありませんが、仮にもしも弱い部分も書けるようになったのであれば、一歩前進している証拠です。
本当に誰にも触れて欲しくない事は、プロフィール欄には書きませんからね。
現段階では、それほど気に障る事柄ではなくなっているのです。
また、知らず知らずのうちに相手を傷つけてしまう事もありますが、その際には仕方がない・・・と思い、次から気をつければOKです。
なぜならば、意図しなかった出来事ですから、あなた自信に一切の非はないからです。

美男美女は3日で飽きる、出会い系は内面重視だから容姿は気にしない

運命に従い成るようになる!
という考えは、実は穴だらけの考え方かもしれません。
なぜならば、偶然に出会った人物が自分の理想の人だとは限らないからです。
通常、相手の事を知るためには、沢山の時間を共有して少しずつお互いの心の扉を開いていきます。
すると、見えなかった相手の一部分が少しずつわかり、謎が解けていきますよね。
第一印象で感じた事が的中したり、実は第一印象とは違う人だったり、人間関係はギャップとイメージを行ったり来たりしながら進展していく、なんとも面白い世界であります。
しかし、どうしても外したくない自分の理想から程遠い人だったら如何でしょうか?
おそらく、一方が相手と付き合いたくない!
とおもったのであれば、いずれその関係性は終わりを迎えるでしょう。
それは同性同士の関係、異性同士の関係に違いはありません。
友人や恋人関係が成り立つは基本的に両思いである事ですから、片方がNOだと感じたのであれば発展の見込みはないのです。
人間関係は解釈するならば、需要と供給だと言えますでしょう。
相手から何かを得られるから付き合い、相手も知らず知らずのうちに相手に供給しているから成立するのが人間関係なのです。
インターネットでは出会いを手助けしてくれる出会い系サイトがあります。
出会い系サイトでの出会いがリアルとは違うのが、自分が求める人を容易に探せる事にあります。
リアルでの出会いは偶然が基本ですが、出会い系サイトならば相手のプロフィール欄を覗き、興味を持ったのであれば気軽にアプローチする事が可能であるのです。
リアルとは違い、事前に相手の事を知り自分の需要を満たすであろう人を選べます。
なので、短期間で理想の相手を見つける事も不可能でないのです。
プロフィール欄の情報には、殆どの人が自分の本音を書いてくれています。
なぜならば、匿名性の世界ですから、自分の事お素直に書いても問題ないからです。
初対面の段階から、相手の本音を多少知る事ができるのはメリットばかりですよね。
後は、メールなり通話なりにして、少しずつ親睦を深めていけばいずれ出会いも実現するでしょう。
ただ、出会い系サイトでの出会いは顔が見えないだけに、あまりにもルックスが自分好みじゃなくて交際に発展しない事もあります。
出会い系サイトの体験談でよく聞かれるドタキャンされた!
という展開があっても不思議ではありません。
しかし、内面重視で出会いを探している人も多いですから、顔を合わせる前に事前に自分の内面を思う存分にアピールしてみると良いかもですね。
美人は三日で飽きる!
というように、イケメンも飽きるらしいですから、外見なんて二の次です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ